バナナ 昼食 置き換えダイエット 効果

バナナで昼食置き換えダイエットを行う効果って?

バナナで昼食置き換えダイエットを行う効果って?

バナナで昼食置き換えダイエットを行う効果って?

 

ダイエットを有効にするために、置き換えダイエットというものがあります。例えば、一か月で3キロ痩せたいとします。普通に生活していれば、まず3キロはなかなか落ちません。朝昼晩ときっちり食べていれば、いくら体を動かしていても、摂取カロリーと消費カロリーが同じくらいなので、体重は落ちません。

 

置き換えダイエットが有効です。これをすると、食べたいものはしっかり食べているのに、体重がしっかり落ちます。なぜかというと、朝昼晩としっかり食事をとっていると、一日に2000キロカロリーくらい摂取することになります。運動に換算するとフルマラソン何回分というとてつもないものです。

 

昼をバナナに変える効果

昼食をバナナに置き換える、置き換えダイエットをして効果が出ました。朝は普通にいつも通り食べたいものを食べます。寝ている間にお腹がすいているので、朝はフルーツやパンなど軽いものを食べます。脳をしっかり目覚めさせるためにも何か食べたほうがいいからです。その代り、昼食を控え目にします。ここではバナナを食べました。いつもならば、お弁当やカップ麺など、さっと食べられるものを食べていました。お弁当や菓子パンは600から800キロカロリーくらいあるので、相当カロリーがあります。これをバナナに置き換えるだけで、マイナス500キロカロリーくらいになります。

 

夜は普通に食べます。体重をしっかり落としたいときは、ごはんは軽くお茶碗に一杯くらいでおかわりはしません。お昼のバナナで減らした分があるので、これらを毎日続けることで減量を無理なくすることができました。

 

1キロ落とすのに、7000キロカロリーの消費が必要です。ここで、一日置き換えダイエットで500キロカロリーを毎日続けていると、およそ二週間くらいで1キロ体重が減ることになります。絶食や断食はリバウンドする恐れがあるので、お薦めしませんが、置き換えダイエットはしっかり食べて、なおかつ体重が落ちるので、本当にお薦めです。

ホーム RSS購読 サイトマップ